お菓子作りを学ぶには

スイーツ

お菓子作りを学べる学校

お菓子作りを学ぶ方法としては、製菓科のある学校で学ぶのが一般的な方法といえます。製菓学校といっても高校で製菓科として学科としているところから、専門学校のように専門的にそれらを学ぶところなどがあります。しかし、高校で学科として設けているところは全国的にもても少数で、学校選びの選択肢は限られます。学科としては製菓科のほか、製菓衛生師科や製菓コースや商業科の一環として製菓衛生師コースが設けられています。学校で学ぶ際には、お菓子を作る際の基本知識のほか、衛生の知識を身につけ、衛生師としての資格を得ることができます。このためお菓子以外に衛生師としての知識を活かした仕事に就くことができるメリットがあります。

学校で学ぶメリット

製菓科のある高校で学ぶメリットとしては、高校の卒業資格を得られるということです。このため卒業後に就職のほか進学するといった選択肢を得られます。一方で専門学校で学ぶメリットは、入学資格が特に必要ないという点です。このため一度は社会人に出たあとや途中から製菓を学びたいといった場合に有利です。一方で高校の場合には学費を補助してくれるので、学費の負担が少ないメリットがありますが、学校とお菓子を扱うお店とのつながりが少ないため就職にはやや不利です。専門学校では、学費の負担が大きくなりますが、就職の斡旋をしてくれるメリットがあります。いずれにしても学校で学ぶことで基礎的な技術や法令などを学ぶことができるのがメリットといえます。