知的財産権を学ぶ

女性講師

訴訟のリスクを避ける

知的財産権には特許権や実用新案権のほか、商標権や商号権や著作権など、産業活動を行なう上で欠かせない各種の権利が含まれています。日本では知財関連の訴訟制度が、諸外国と比べても充実しており、短期間で正確な判決が出ると言われています。裏を返せば、他者の権利を侵害するリスクが高いということでもあり、知財の取り扱いに関しては十分に気を配る必要があります。また近年では海外へ進出する企業が増加するとともに、問題が国際的な訴訟に発展するケースも少なくありません。日本では認められている行為が、海外の知財関連法に触れる恐れもあるため注意が必要です。こうしたトラブルを回避するため、担当者向けのセミナーが随時開催されています。

実務的なノウハウ

知的財産権を取り扱うのは弁護士、弁理士、行政書士などです。なかでも特許の申請や異議申し立てを専門的に行なっているのは弁理士であり、知財セミナーも弁理士会が中心になって開催されています。セミナーでは「実用新案とは何か」といった初心者向けの講座から、グローバル時代に対応した外国特許の講座まで、さまざまなコースが用意されています。教科書的な知識だけでなく、すぐ実務に役立つノウハウが学べるのが、知財セミナーの特徴です。ほかにも知財セミナーを開催している民間団体は数多くあります。新たな発明で正当な利益を得るためにも、商標権の侵害から自社を守るためにも、こうしたセミナーで最新の情報を集めることは重要です。